年間収支目標100万円の家計簿予算を立ててみた

お金
スポンサーリンク

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。というわけで2022年がスタートしましたね。
早速ですが今年の家計簿の予算を立ててみようと思います。去年まで全く予算など立ててはいなかったのですが、去年の家計簿集計を見て立ててみようと思い立ったのでやってみたいと思います。
来年の給料も今年とそう変わらないと思うので275万円くらい手取りでもらえると思っています。なので支出は155万円くらいでおさえるのが理想ですが借金のこともあるためちょっと難しいかも。

支出予算 1,790,000円

住宅 537,700円

手数料込みの1年分の家賃+火災保険料。家賃は固定費なので去年のまま変わらないでしょう。

借金返済 240,000円

毎月20,000円ずつ返済しているのでこの額。余裕のある月は多めに入れているのでこれよりも多くなるかもしれません。

食費 228,000円

外食は優待中心で、たまの贅沢は減らしたくない。月に2~3回ですしね。
毎月20,000円の予算はあまることが多いので、毎月マイナス1,000円で予算を立てました。食費はあまり減らしたくはないのですが、米などの主食は自分で購入することは少ないので何とかなるのかな、と。購入するものも最近大体同じようなものが多かったりしますね。というわけで月の予算は19,000円。優待やふるさと納税を駆使して主食はあまり買わないで済むようにしたい。

水道光熱費 150,000円

水道や電気代は月5,000円行かないくらい。でも冬のガス・灯油代がものすごくかさむのでここの予算は削れない。それで体調を崩して有給を使うとか……もったいないですしね。ここは最低限ケチらず予算を取りました。家でお風呂に浸かりたいですしね。というわけで月平均12,500円。電気毛布を買って灯油代をできるだけ節約はしていますが今年の原油高で台無しになっていることは悲しい現実として受け止めるしかないですね。

交際費 144,000円

月平均12,000円でとりました。月1万円くらいにはしたいのですが、プレゼント代なども入っているのでここは削りたくない。友達は少ないけど、人のためにお金を使いたいし、人に喜んでもらいたいという気持ちはある。後悔のないお金の使い方をしたいですね。

自動車 120,000円

今年は車検もあるので去年より車費はかかるなぁ。実際ここはため息の出る出費。

日用品費 96,000円

これは去年の実績より少し下げました。それでも月平均8,000円。いつもは10,000円に設定していたのですが今年は優待やふるさと納税でできるだけ減らしていきたいと思っているため、消耗品費は年間20,000円で設定することにしました。他の76,000円はその他日用品となります。その他日用品は、去年で言えば低周波治療器とか電気毛布なんかがここに入っていますね。

衣服・美容 95,000円

月平均8,000円弱。去年は毎月10,000円の予算を組んでいたけど今年はマイナス2,000円。
去年65,000円を服の購入に充てたらしいのでもう少し減らしていきたいという意味を込めて。化粧品代も含めているので服の購入費を意識的に減らさないと厳しいかも。やっぱり1度買ったら長く着るというのが基本になってきますね。もっと大事に着なくちゃ。でも65,000って月5,000円以上も服に使ってると思うとちょっと多かったよな……。と反省しました。

健康・医療 90,000円

月平均7,500円。ここはまあ……仕方がないですね。PMSの通院費と、今年は歯科にかかりたいと思っているので予算は少し増やしました。

通信費 20,000円

格安スマホを使用しているのでこの程度。あとはノートンを使っているので更新料。家に無料wifiがついているのが本当にありがたい。

趣味・娯楽 20,000円

おうち時間がかなり多くなってきたので趣味を充実させたいとは思っているのですが……。
もしかしたら今、趣味がないのかもしれません。

交通費 1,500円

1年に1回眼科通院があるので。車で行くと駐車場料金の方が高くつくので電車でいってます。

その他 47,800円

その他です。ふるさと納税とかもここに計上。

支出も以上です。

2022年予算収支 960,000円

収入を2,750,000円で計算しているのでこの額。使用株主優待とポイント等、他のちょっとした収入や給料が少し上がれば1,000,000円到達できる気がしてきた。それもこれも予算内に収めることが重要ですけどね。あと、集計がちょっと面倒だったので給料日始まりだった家計簿を毎月1日始まりにしました。
今年も一年貯蓄や投資も頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました