禁煙記録③

暮らし
スポンサーリンク

今日は禁煙についてまた書いていこうと思います。
過去の話になるんですが、私は三年半くらい前に禁煙に成功しています。
その時のことをところどころで綴っていた記録と、自分の曖昧な記憶を頼りに書いていっています。

禁煙1週間目の記録から

あれ? たばこってどんな味だったっけ……? とふとしたときに思いました。一度じゃありません、何度も思いました。
そこまでして吸わせたいのか、脳め。とは思っていたんですが、確かにどんな味だっけ……。思い出せません。

禁煙33日目の記録から

とりあえず禁煙してからその日まで、一切吸いたいと思わなかったのかと言われるとやっぱりノー。
はじめのころのような強烈なタバコ吸いたい欲はそこまで襲ってこなくなりましたがやっぱりすこーし、ほのかに吸いたいな、と思う瞬間は訪れました。
だけど、なんでしょうね。
もうそれもよくわからないんですが、別に吸わなくてもいいかという感じで。
ちょっとそのほのかーにタバコが吸いたい気持ちが続くときにはガムをひたすら消化して顎を疲れさせる作戦に出ます。
狂ったように食べてました。そういう時は。
でも食べたとしても10個くらい食べたら顎が疲れてくるんですよね。
あとキリのいいところまで食べたらもういいか、となるので。(Fit’s食べていたので10個でなくなるんですよね。)
それを例えば3食後にやったとしても(多分やらない)たばこと同じくらいかそれ以下の値段で買えますよね?
私ははじめボトルガムだったんですが外出時持ち出しにくいのでちょっとやめました。
車運転するときなんかはたまに吸いたくなるので持ち運びしやすいんですよね。
もちろんボトルガムもいいと思います。

33日たって思うこと

振り返ってみるともっと長かったような気がしています。
もっと吸ってない気がするんだけどなぁ。と書いてありました。(笑)

でもちょっと吸ってみようかなーとか誰かに一本だけもらうくらい平気じゃない?とか思ってしまいます。
まあタバコの値段もどんどん上がっていますし、気軽に一本頂戴って言えなくなってきていますけどね。

つらさにはかなりの個人差があると感じたこと

その当時あった飲み会の時、「やめれたんだねー」と私より3か月くらい早く禁煙した同僚に言われました。
お互い頑張ってるよね、という話をした後、「まだ吸いたいよねー」って言われたんですが私はそれほど吸いたいわけでもなく……。あ、でも飲みの場ではやっぱりほのかに吸いたくはなっていたのですが以前ほどではなくなっていたことに気付きました。
「え? いやー、そこまででも?」と私はなってしまったんですが、同僚は違ったみたいです。
「えー、私は今でも吸いたいよ! 今日も吸いたくて吸いたくて!!」と言っていました。
いや、確かに吸いたい気持ちはほのかにある。でもそこまで?? と驚いた発言でした。
ので、やっぱり禁煙って個人差があるのかな?
私はそこまで吸いたい吸いたいって思いませんでしたが……つらい人はやっぱりつらいんだなーと思いました。
でもそんな気持ちを持ちながらも禁煙ってできるんだなと感心しました。私だったら多分吸っちゃう。

禁煙はメリットだらけ

やっぱり禁煙はメリットだらけ。
たばこ以外にお金を使えるのがすごくうれしい。
喫煙所を探さなくていい。肩身の狭い思いをしなくていい。
部屋が汚れない、臭くならない。
あとはタバコを吸う時間を使えるとか細かいことを言っていけばたくさんあるんですが、禁煙のデメリットももちろんあります。
私はそれほどでしたがやっぱり今までしていたことができなくなるんですから、それなりのストレスがあります。
しかもそれは人によって違うっていうんですからちょっと怖いですよね。
私はタバコをやめて口寂しくなってガムとお菓子にお金と時間を使っていたんですが(笑)
当時15キロくらい太りましたね。
太ったことがなかったのでその時が過去最高に太ってました(笑)
でもタバコを止められたご褒美ということで少しだらしない体になっておこうかと思います。←と書いてありました(笑)

ちなみにその時の禁煙アプリによると。
禁煙継続期間33日18時間52分
吸わなかった本数507本
節約できた金額10389円
だったそうです。1か月10,000円節約できるということは年間120,000円節約できるということです。
私は3年半禁煙できているので400,000円くらい節約できているということになりますね。
そう思うとかなり大きいですよね。

まとめ

禁煙は1日1日の積み重ねです。
今日我慢できたから明日は吸おうって落ち着くまではずっと思っていましたし、本当に無理だと思ったら吸ってやると思っていたので少しずつやってみるといいと思います。
無理なら吸えばいいんです。何度失敗しても最終的に成功したらいいんですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました