KOIZUMI小泉電気式毛布(130×80)レビュー

暮らし
スポンサーリンク

先月3,980円で購入したKOIZUMIの電気式毛布(130×80)を使い始めて丁度1か月ほどになるのでレビューしていこうと思います。

電気毛布は一人暮らしのあったか節約アイテム
去年も思っていたことですが、この時期になると足元がとても寒いんですよね。 去年はひざ掛けで我慢していたのですが、今年はついに電気毛布(ハーフサイズ)を購入しました。 これ、というより電気毛布というアイテムがすごくよかったので紹介しようと...

電気代

まず気になるところだと思います、電気代ですが、こちらの電気毛布を使い始める前の月の電気代が2,069円でした。そして今月の電気代が1,951円とほぼ変わらない……というかむしろ下がっているという結果に。1時間0.7円ですから毎日日8時間つけていたとしても168円にしかならないのであまり電気代は気にしなくてもよさそうな気がします。しかしものすごく寒いときは余分に暖めなくてはならなくなるので電気代は上がってしまうかもしれないですね。電気毛布単体で使うのではなく、上にひざ掛けなどかけると熱を逃がしにくくなるのでいいのではないかと思います。実際に私もそのような使い方をしています。もう電気毛布とブランケットはセットです。
ちなみにですが灯油も前年度の使用量の半分以下で済みました。確認したあと捨ててしまったので手元にはないのですが、確か去年は40Lくらい灯油を使っていたのに今年は18.8Lくらいだった記憶があります。先月は肌寒かったものの電気毛布でほぼ乗り切ることができていました。動きの多い朝の2時間ほどと、帰宅してから入浴するまで(ヒートショック予防のため)はつけていましたが夜は比較的ぬくぬくと過ごせていました。
なので節約という観念からいえばやっぱり電気毛布は一人暮らしの暖房器具としてはとても優秀だといえると思います。

使用感など

使い始めて1週間くらいで家の中に綿ごみ? のようなものが家の中のあちこちで見つかるようになったんですよね。しばらくこれは何? という感じで掃除機で吸わせてはいたのですが、意味がわかりませんでした。しかし家の中に新しく入ってきたものは電気毛布くらいしかなかったので裏面を見て納得。(表面もだけど)

ものすごく毛羽だって毛玉があちこちに見られます。この素材……あったかいんだけど確かにこうなる生地だよなぁと思いました。
使用してもう1か月になるので綿ごみが出ることはなくなったんですが、綿ごみとして外に排出した分毛布は少しぺらっとした印象。中に入っている電機の線がパッと見でわかるように。
前のように綿ごみが散らばるのはかなり問題でやっぱり安いのはダメか……新しいの買おうかな、と少し検討したのですが、今は落ち着いたのでよしとしました。うん。抜け落ちるものがすべて抜け落ちたのでしょうか。ほぼ綿ごみは見なくなりましたね。
でも落ち着いた見た目は何というか……。自分で言うのもなんですが……。
その電気毛布……何年使ってるの? っていう感じ。結構な年代物に感じます。
簡単に言えば使用して1か月でもうくたびれてます。
まあ家にいるときにはかなりお世話になっているので仕方ないといえば仕方がないのかもしれませんけどね。

まとめ

電気代がほぼかからないという点ではかなり優秀。でも他の電気毛布もこのくらいの電気代なような気もしますし、長く使いたいのならばもう少しいい素材のものを購入したほうがいいかもしれません。今回この電気毛布を使って、灯油代を節約できるということがわかったのでお試しとして使用する分にはよかったと思います。とりあえず今年はこの電気毛布を使っていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました