通院までの道のり

PMSの通院までの道のり PMS
スポンサーリンク

自分がPMSではないかと思い始めて通院しようか悩んでいたころのお話です。
何となく恥ずかしい気もして。さらには婦人科って行くにはちょっと勇気のいるところだったのでこの期に及んで自力で治せないのかなーなどと考えていた時期でもありました。
そこで婦人科のことについて詳しい親友がいたので相談することにしたんです。

友人に話せたことで気持ちが楽になる

かるーい感じで話してみました。生理後だったのでそこまでネガティブでもなかったし変に心配かけても困るしなーと。
とはいっても本当は重たいと思われたくなかったんです。めんどくさいな、って。
だから軽いノリで話したんだけど、掘り下げられ……共感してくれて。
どんどん重たい話になっていくのに嫌な態度をとってくることはなく、心底心配してくれました。

「どういう感じの鬱なの?」
とか、状況をいろいろ聞いてくれて、話しやすい空気を作ってくれました。
そして、それに答えると
「それはつらいね……仕事行けてる?」
「もし仕事やれてるなら、そんな状態で、それだけでもすごく頑張ってるよ」
そう言ってくれました。

そこで思ったのは、わかってくれる人がいるんだ、と思ったらすごく気持ちが楽になったんです。
誰もわかってくれないんじゃないかとか思ってたわけじゃないけど、きっとその時の私は孤独だったんです。
受け入れてくれて、認めてくれました。
別にそれを求めていたわけじゃないはずだけどぼろぼろと泣いてしまいました。
今思い出しても泣ける(笑)もう2か月以上たってるのに不思議だけど。

彼氏との別れを決意した瞬間

そしてそのあともいろいろ聞いてくれて、私を取り巻く状況とかも理解してくれました。
この友人に話したのは彼氏から別れようラインがきた翌日だったんで、それも絡めて話しました。
私は自分のことで精いっぱいだったけれど、彼女から言われた一言でそうか、と考えさせられました。

「彼氏も頑張ってくれたのかもね……」

負担をかけていたのは何となくわかっていました。
でもこうして友人から言われて初めて、ものすごい負担をかけていたことを実感したのでした。
そうか、そうだよね、と。
とてつもなく彼氏に迷惑をかけていたんだな、と本当の意味で思いました。
今まで長い間苦しめてきたんだ、別れなくちゃいけないな、と思いました。
話し合うときは別れる前提で話をして、最後にちゃんと今までしてきたことを謝ろう。
そう思いました。

予約2~3か月待ちは当たり前

事の成り行きをいろいろ話し終わった後に
「この機会にちゃんとした病院にかかっていろいろ調べてみたら? 私もいろいろ検査したことによってすごくメンタルも生活も体調も安定したよ」と言われました。
近所の婦人科に行こうとしていた私でしたが、
「通うといっても月に1回くらいだろうから、ちゃんとしたところに行ってほしいな」
と言われ、婦人科探しまで付き合ってくれることに。
「なかなか踏ん切りつかないこともあるし、せっかくだから今日予約しちゃおう!」
みたいな流れになり、最終的には彼女の叔母(彼女は仕事で遠くに行き、そのまま結婚しているので私の住む地域のことはあんまりよくわからないので)の勧めてくれた病院を予約することになりました。
そして予約の電話を掛けると3か月待ち。
私はどうしても少しでも早く診てもらいたい気持ちもあり、もう少し早くならないのか尋ねると、キャンセルで空いた枠を探してくれてどうにか2か月待ちとのこと。
どうしたらいいのかわからずに、やっぱり近くの婦人科に行こうと決め、電話を切って色々調べてくれたりしてくれた友人に申し訳なくなり報告すると、
「予約がいっぱいってことは専門性が高いから行く人が多いってことじゃない?」
「長く付き合う病気だからこそちゃんとした病院で見てほしい」
と言われ、やっぱりもう一度かけて予約することにしました。

でもそれまでこのままなのか……。あと2回は生理前と戦うことになるのか、と思うと憂鬱な気持ちになりました。
でも予約がいっぱいなのだから仕方がない。と思っていたら。

「それまで別の病院で診てもらったらいいよ」
と言われ、はっ、そうか!となりました。(笑)
というわけで話していたら早くどうにかしたくなって勢いで予約なしで近くの婦人科に行くことになったのでした。

まとめ

ちなみにこの時点での気持ちは病気が治ったわけでもないのに、何となく前向きでした。
意味のわからない感情と戦っていけるんだ(そこまではやられっぱなし状態だったような気がします)と思ったからかもしれません。
通院しよう、なんとかしようと思った時点で前に進んでいると思うので自分で自分がコントロールできなくなったら我慢はしないで病院に行くことを検討してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました