楽天モバイルを1か月使ってみて個人的に感じたメリット・デメリット

暮らし
スポンサーリンク
mineoから楽天モバイルに乗り換えました(iPhone)
少し前に記事にしましたがその翌日についに6年ほど使ってきたmineoから楽天モバイルにMNPしました。新しい機種も検討しましたが、とりあえずそのままの機種で乗り換えることに。 なので機種そのままに乗り換える手順をやった通りに記事に...

楽天モバイルにしたのは2月25日。丸1か月たち、3月分の利用料金も出たので楽天モバイルにしてから感じたことや使用感など書いていこうと思います。
iPhoneで1GB0円運用を目指していることが前提の内容になっています。

楽天モバイルにしてから感じたデメリット

何もしていなくてもギガが減る

今まで使っていたmineoの頃は高速・低速の使い分けができたので特に問題はなかったのですが、楽天モバイルにしてから感じたことがあります。
それはほぼ使っていないのにギガが減るということ。当たり前だと言われるかもしれないのですが、今まで本当にそれを感じたことがなかったんですよね。
大げさと言われるくらい本当に微々たる減りなんですが、観察してみると仕事の日は1日に0.02GBは何もしなくても減っていました。ちょっと使うと0.05GBくらいは減っています。夜勤の休憩中に使用したいのもあって1ギガじゃ足りないという結論に。楽天モバイルギガ消費早くない? とも感じたのですが、きっとそんなことはないのでしょうね。とりあえずチリツモでギガが足りなくなってしまうと焦りを感じました。それに伴いほぼ夜勤の時にしか使いませんがLIBMOを契約。
使ってないのにギガってこんなに減るもんなんだと気づかされました。バックグラウンドでアプリがちょっと動いている感じなんでしょうが、楽天モバイルにしてから気づいたことです。

高速・低速の使い分けができない

高速・低速の使い分けができないのはやっぱりちょっと不便。でもその使い分けができてしまったら楽天モバイルを0円運用する人が増えてしまうでしょうし、そうなったら1GB0円は間違いなくすぐに廃止されてしまうでしょうからそれならば使い分けができなくてもいいですが。

圏外になっていることがたまにある

楽天モバイルにしてから1か月ちょっとで2回くらいあったのですが、屋内でいきなり圏外になっていることが。電源を切って入れなおしても直らず、屋外に出たら普通に直る。
屋外には電波が届いていても屋内は届きにくいというのは本当だったみたいですね。屋内は電波が届きにくいとは聞いていたのですがこんなにわかりやすく実体験できるとは驚きです。2回とも職場で起こったことなのですが、その時だけ圏外になっていたという感じです。朝や昼は4本立っていたのに、帰り際圏外だったという感じ。なぜかはわかりません。不思議。

電話をかけなおすときRakutenLinkを開くのが面倒

楽天モバイルのRakutenLinkで電話をすれば国内であれば通話料が無料になります。しかし着信時はiPhoneに入っている通話アプリで通話することになります。なので着信履歴はそちらのアプリに残ることになります。
電話がかかってきた相手にかけなおしたいときは通話アプリから番号をコピーしてRakutenLinkアプリを開き、ペーストして発信という形になるのがとても面倒くさい。
だったらRakutenLink使わなきゃいいじゃないかと言われそうですが通話料無料には勝てない……という感じ。
普段LINEやLINE通話で事足りてしまうので通話をする頻度はそこまで高くない。それに伴ってなかなか慣れませんしね。
今回は珍しく通話をする機会が多くRakutenLinkを結構使ったのですが無料アプリとは思えないクオリティだと思います。もちろん時々乱れることはありますが一瞬でもとに戻るのでそこまで気にはならないかな。エリアや時間帯にもよるとは思いますが……。

RakutenLinkではSMS送信は無料にならない

相手もRakutenLinkを使っていない場合はSMS送信は無料にはなりません。普通のSMSを使用することになるので1回送信するごとに3.3円かかります。とはいえ他のキャリアでも無料ではないのでデメリットにはならない気もしますが。

楽天モバイルにしてから感じたメリット

通話料無料

上記でもちらっと触れましたが、楽天モバイルでRakutenLinkを使えば通話料無料です。通話専用で持っていてもいいと思います。発信用。
かけなおす際等に不便なこともありますが無料で使えるという点は大きいと思います。よく通話する人は楽天モバイルを使わない理由がよくわからないです。

1GBまでなら無料

1GBまでならユニバーサルサービス料の2円も無料になるようです。使用前はこの料金はかかるだろうと思っていたのでたった2円だけどびっくりしました。
1GBまでに抑えることができるのであれば通話料含め本当に0円に抑えることができます。

まとめ

メリットが1GBまでなら通話料も含めてすべて無料だよというところしかないのですが通信費を抑えたい人には最強のメリットだと思います。
これくらいのデメリットなら耐えられるかなという方なら楽天モバイルにしても問題はないのではないでしょうか。手続きなど面倒なことは多々ありますが一度やってしまえば楽天モバイルの料金プランが変わらない限り通信費を抑え続けることができますよ。
変えてみてやっぱり違う、無理だったとなった場合はもう一度元の会社に戻ればいいだけです。
手間や時間はかかりますが面倒だからやらないという理由だけで挑戦していない方はぜひともやってみてほしいです。
楽天モバイルは三大キャリアと比べるとかなり少ないですがショップもありますし、自分でできる自信のない方やすぐ開通したい人などは近くのショップに行ってみるというのもいいかもしれませんね。三大キャリアと同じように手続きや設定をしてもらえるので手間はかかりませんよ。
楽天モバイルは通信費を抑えたい人にはお勧めのキャリアだと思います。

コメント

  1. おっちー より:

    おっちーです、
    こんにちはです。

    メリット、デメリット含め勉強になりました。
    検討の価値ありですね!

    ではまた(^^)/

    • 穂高 来海 より:

      こんにちは!
      今回も記事、読んでいただきましてありがとうございます!
      人によってメリットデメリットは違うとは思いますが参考になったら嬉しいです!
      いつもコメントありがとうございます!励みになっています!

タイトルとURLをコピーしました