ヤマダ電機優待で日用品代節約

スポンサーリンク

ヤマダ電機は今年の3月権利分より優待改悪となりました。
さらに継続保有株主優遇制度もなくなってしまい、今まで頂けていた5,500円分の優待は1,500円に。
4,000円分も少なくなってしまっていたので一時は売ってしまおうと思っていました。
ただ、配当金が1,000円から1,800円になったので今は様子見というスタンスです。
株価は安いしNISA口座で持っているのでこのまま放っておいてもいいかもしれない。

欲しい家電がないときのヤマダ電機優待の使い方

欲しい家電があるならば話は別ですが、半年に一度の頻度でほしい家電ができるかと言われれば微妙なところです。しかしヤマダ電機は日用品も取り扱っているお店が多いので、そこで日用品や食料品を買うのがいいと思います。
お酒を飲む人はお酒を買うといいと思います。取り扱っている種類は少ないですし、値段は酒屋さんで買うよりは高くついてしまうかもしれませんが、優待券を使って買うのであればお得だと思います。税込み1,000円単位で購入できれば半額近い金額で購入することができますよ。

前々回のお買い物

9月権利分が届いて1回目のお買い物。いっぺんには使いにくいし、とくに家電でほしいものがなかったので。とりあえず前回記事にしていますが、こういう感じ。

ラムネとリモコンと電池を買いました。

その時のお会計が2,601円。電池がね、余計だった。レジ前で購入してしまったので。
優待券を1,000円分使用して1,601円のお支払いでした。
できるだけ1,000円単位でお会計ができればお得です。

前回のお買い物

記事にしようと思っていてうっかり忘れていたもの。

単4電池がなかったのでまとめ買い。これでしばらく電池に困ることはないでしょう。
それと金額調整のために洗剤。洗剤のストックもなくなっていたのでちょうどよかった。

合計1,315円で、優待券500円分使用。815円お支払い。電池分だけお支払いしたような形。
とりあえず電池とか電球とかが切れているのならばそういうもののほうがおすすめ。20本で798は安い。税抜きだけど。

今回のお買い物

もう6月に入ってしまったので忘れないうちにヤマダ電機へ。もうすぐ新しい優待券が来るのと、月末期限が来てしまうので。

今回は洗顔がもうなかったので使う用とストック用に2本買いました。いつも使っているのはなかったのですが、とくにこだわりもなかったのでよさそうなものを。(つまり適当)
あと、歯磨き粉もストック用に購入。
職場にもっていっているスティックコーヒーが切れていたのを思い出して8本入りを購入。

お会計は2,151円。優待券1,000円分使用して1,151円お支払い。
やっぱり安い。ドラッグストアでもこの量はこの値段では買えない。
あとちなみにですが、コーヒーの賞味期限も22年の8月までなのでしっかり余裕もありますね。

まとめ

ヤマダ電機は税抜き価格で表示されているのですが(下に小さく税込み価格も書いてある)、全体的になんとなく私が感じていることはドラッグストアで購入する値段と税抜き価格が同じくらいな気がする。あくまで私比ですが。
なのでやっぱり1,000円単位でお買い物をするのが一番コスパがいいと思います。
次回から今までのように何度もヤマダ電機で日用品を補充することができなくなりますが、変わらず日用品を安く買うのに使っていこうと思います。(多分歯磨き粉や電池に変わると思います)

コメント

タイトルとURLをコピーしました